「ほっ」と。キャンペーン
| musicwinds.exblog.jp | Top | skin design by MusicWinds |

好きな音楽と日々の出来事を思いつくままに綴る音楽風来坊の気ままな日記
by musicwinds
カテゴリ
全体
Eternal One
UNITED COVER
Queen's Fellows
川の流れのように
The Golden Oldies
檸檬
イメージの詩
From to
ナイアガラで恋をして
KOYANAGI the COVERS
Pure Best
ぷらいべえと
VOCALIST
夢で逢えたら
以前の記事


Number of visitors



XML | ATOM

skin design by MusicWinds


このSkinは、Internet Explorer6.0に最適化されています。6.0未満のVersionの場合は、レイアウト及び文字サイズが崩れる場合があります。

Cover's World
VOCALIST2

a0050578_14405690.jpg



徳永英明のカバーアルバム第二弾「VOCALIST2」。
第一弾のVOCALISTもそれなりに良かったが、第二弾は、更に磨きがかかった感じである。
どうやらこのアルバムで女性歌手の歌を歌わせたら”徳永英明”というのが定着したようだ。

今回は選曲もいい感じである。
個人的には、未来予想図Ⅱ、シングルアゲイン、M、for you......が出色ではないかと思う。
曲のアレンジも第一弾のVOCALISTに比べると格段によくなっている。

カバー曲はどうしても原曲のイメージが強く感じられるために、物足りなさというものがつきまとうが、このアルバムは、徳永色、一色に染まっている。

他のカバーアルバムでもおなじみの曲もあるが、聞き比べると、このアルバムに一日の長がある。

秋の夜長にじっくりと聴くには、最適なアルバムかもしれない。

この企画は、これからもずっと続けていって欲しいものである。

収録曲


1: 雪の華
2: いい日旅立ち
3: あの日にかえりたい
4: 未来予想図Ⅱ
5: かもめはかもめ
6: セカンド・ラブ
7: シングル・アゲイン
8: あなた
9: 恋人よ
10: なごり雪
11: M
12: 瞳はダイアモンド
13: for you.....


[PR]
# by musicwinds | 2006-10-24 14:57
What's Cover
YOSUI TRIBUTE

a0050578_234927100.jpg



2004年11月10日に発売された井上陽水の比較的初期から中期の作品を集めたYOSUI TRIBUTE。
参加しているミュージシャンがバラエティでしかもすごい顔ぶれ。
布袋寅泰 、奥田民生、松任谷由実 、玉置浩二、持田香織、一青窈 、小野リサ 、平原綾香、忌野清志郎  等々。

これだけの顔ぶれだと曲に対する期待感もグッと大きくなる。

個々は別として全体的には秀作である。
それぞれの個性も少なからず発揮されている。

唯一の期待はずれは、7曲目のカナリア / ジェーン・バーキンと10曲目のとまどうペリカン / 松任谷由実である。カナリアは、英語バージョンになっているので、原曲のイメージを持っているひとには、ガックリとさせられるかも知れない。
どうせなら5曲目のいっそセレナーデのように日本語と外国語という感じならば、もう少し親しみを持って聴けたのかも知れない。
ペリカンは、どうも参加したよ!!って感じで、 松任谷由実らしいフレーバーも感じられない。

UAや奥田民生、布袋寅泰、忌野清志郎は、やはりそれなりに自分らしさというか、色がでている。
布袋寅泰の西へ東へは、イントロの妙と間奏のギターの布袋らしさがいいのでは。

5曲目のいっそセレナーデは、小野リサらしく、ボサノバフレーバ漂ういい感じに仕上がっている。

13曲目の ジェラシー / 青窈 もなかなかのものである。

1曲目の夢の中へ / TRICERATOPSは、ボーカルにもう少し力強さがあっても良かったのでは......。


全体的には、井上陽水のオリジナルとは、少し違った感じで面白く聴けると思う。
収録曲がヒットした時代にタイムリーに聴いた人は、懐かしさと同時に新しいミュージシャンによる味付けを楽しむことができるだろう。

トリビュートアルバムとしては、いい感じにしあがっていると思うので、おすすめである。




収録曲は.....。

1. 夢の中へ / TRICERATOPS
2. 東へ西へ / 布袋寅泰
3. 心もよう / 平原綾香
4. リバーサイド ホテル / 奥田民生
5. いっそ セレナーデ / 小野リサ
6. 限りない欲望 / Bank Band
7. カナリア / ジェーン・バーキン
8. 傘がない / UA
9. いつのまにか少女は / 持田香織
10. とまどうペリカン / 松任谷由実
11. 白い一日 / 玉置浩二
12. ワインレッドの心 / DOUBLE
13. ジェラシー / 一青窈
14. 少年時代 / 忌野清志郎


少年時代は、さすがに忌野清志郎。彼らしさが存分に発揮されている。曲の終わりにセミの声、馬の走るSEなどが入るのも一興である。
[PR]
# by musicwinds | 2006-06-08 22:31
Cover's World
ゴスペラッツ


a0050578_3531974.gif

ゴスペラーズのメンバーとラッツ&スターのメンバーの一部が合体してできたグループ。
お互いのグループ名を合成して「ゴスペラッツ」。
アルバムのタイトルもそのまま「ゴスペラッツ」である。
ラッツ&スターの「ハリケーン」が収録されているが、厳密に言うとカバー曲ではないかもしれない。
「ハリケーン」の出来上がりは、それなりにと言うところで、可もなく不可もなくという感じ。
3コーラス目にキーアップで鈴木雅之が歌っているが、やはり本家なので聞きやすいのはいたしかたのないところ。

むしろカバー曲というならば3曲目の「リンダ」だろう。
オリジナルは、アンルイスが歌っていた。
このリンダは、どうも曲中に入っているナレーションが個人的には、好きじゃない。

普通に歌ってもらえばいいのにと感じたのは、私だけだろうか。

全体的にもう少しR&B色を強く出せたらよかったとは思う。

しかし、こういったハイブリッド(?)なメンバーの組み合わせは、企画としては面白いので
ぜひ、継続してもらいたいが、「ゴスペラッツ」での活動は、ほとんど期待できないだろう。




収録曲は.....。

1.ハリケーン
2.まさか赤坂Show Time
3.リンダ
4.Interlude~クイズ♪バーボボバー♪物語~
5.星空のサーカス~ナイアガラへの愛を込めて編~:星空のサーカス~スパイス・ソング
6.Valentine Kiss~永遠の誓い~
7.時間飛行
8.Skit~だからゴスペラッツ~
9.The Voice


1曲目から3曲目と5曲目以外は、おまけか付け足しと言った感じが.............。
[PR]
# by musicwinds | 2006-06-06 03:32
Cover's World


夢で逢えたら

a0050578_14594599.gif

ハーモニーが売り物の5人組のグループ、キンモクセイ。
2005年2月16日に大滝詠一の夢で逢えたらのカバーを発売している。
カバー曲は、「夢で逢えたら」と「熱き心に」。

熱き心にのほうは、大滝詠一トリビュートアルバムでも8曲目に収録されている。
この夢で「逢えたら」は、Rat's and Starで知られているが、このMAXI-Singleの「夢で逢えたら」は、Rat's and Starとは、全く違う出来上がりである。

原曲に比較的忠実に編曲もされていて、キンモクセイの良さがちゃんと出ている。
同じカバーを比較するとRat's and Starよりも、こちらの方が個人的には好きである。

聴きやすく、しかも嫌味なくまとまっているのでいいと思う。

MAXI-Singleの収録曲は.....。

1.夢で逢えたら
2.ちょうど今から
3.夢で逢えたら(総天然色Style)
4.熱き心に(New mix)
5.夢で逢えたら(総天然色Styleカラオケ)


最近、あまりキンモクセイの話題が出ないが、こうしたカバーでもいいので
自分たちの持ち味を前面に押し出したものを出せばいいと思う。
[PR]
# by musicwinds | 2005-11-21 15:14 | 夢で逢えたら
Cover's World


瑠璃色の地球

a0050578_16402999.jpg


クリスマスシーズンの定番曲となった「サイレント・イヴ」で一躍、スターダムにのし上がった、シンガー・ソングライター辛島美登里。

恋をモチーフにした歌で、OLなどの女性に人気のあるシンガーだ。
彼女の出したカバーアルバムが、2001年2月21日に発売された「Eternal One」。

カバーアルバムということで、少し期待はしたが、選曲は別として、個人的には、アレンジがしっくりこない。
一貫性がないというか、曲によっていろんなアレンジがなされている。多彩ということで見ればそれはそれでいいと言う人もいるだろうが.......。

もう少しサウンドテーマを持って傾向を決めれば良かったのではないかと思う。

曲的には、10曲目の松田聖子のカバー「瑠璃色の地球」が一番、彼女の歌の上手さが出ていると思う。ア・カペラ風からスタートしてゆっくりとバックがからんでくる。
非常に聴きやすくて気持ちの良い仕上がりであると思う。

1曲目の「星影の小径」は、もともと小畑実という男性歌手が歌っていたが、その後、ちあきなおみがカバーしてこの曲の良さを再認識させた曲でもある。
しかし、アルバムの中の「星影の小径」は、バックがでしゃばりすぎて、歌の上手さや良さを半減させているようだ。
バックがもっと、引いた感じだとまた、曲のイメージも変わったと思う。

オフコースの「秋の気配」は、ボサノバのようなアレンジになっているので、8曲目の最後の言い訳 、9曲目の恋するカレン、10曲目の瑠璃色の地球以外では、比較的まとまった感じで聴けた。

おすすめは、後半の3曲と秋の気配。
それ以外ほとんどの曲がバックの演奏、アレンジがどうも気になるのは、私だけだろうか.......。

収録曲 ( )はオリジナル

1.星影の小径 (小畑実 )
2.楓 (スピッツ)
3.あなたの心に (中山千夏)
4.2人のDIFFERENCE (Dreams Come True)
5.秋の気配 (オフコース)
6.白いくつ下は似合わない (アグネス・チャン)
7.さよならを待ってる (Dreams Come True)
8.最後の言い訳 (徳永英明)
9.恋するカレン (大瀧詠一)
10.瑠璃色の地球 (松田聖子)

[PR]
# by musicwinds | 2005-11-15 17:03 | Eternal One
Cover's World
コーヒールンバ

a0050578_9453272.jpg


NHKの「ハロー・グッバイ」という番組で井上用陽水がいろんなジャンルの邦楽をカバーして歌っていた。この番組の中で歌ったカバー曲を中心にしたアルバムが、2001年5月30日に発売された「井上陽水 UNITED COVER」。

昭和20年代から70年代前半までの歌謡曲、フォーク、グループサウンズなどをピックアップしてカバーしている。ちょうど、井上陽水の子供時代から青春時代の曲が多い。

こういうカバーものにしては、珍しく、本人がかなり乗り気で作ったというのが伝わってくる。
井上陽水自身が楽しんで歌っているということである。

2曲目のコーヒールンバは、西田佐知子のオリジナルとは一線を画す陽水オリジナルとして、非常にいい感じである。このアルバムの中では、一番好きなカバー曲である。
蛇足だが、コーヒールンバは、荻野目洋子もカバーしている。


花の首飾りは、お茶のCMに使われた曲でもあり、テレビから流れてきた時に注目していた。

銀座カンカン娘は、思わせぶりなイントロから、突然、歌に入るのがいい。リズムもなかなかのもの。

東京ドドンパ娘は、ドドンパのリズムが妙に新鮮でいい。
嵐を呼ぶ男は、まさに仲間内のパーティかなんかで楽しんで歌っているという感じ。

他のフォーク系の曲も、井上陽水カラーが出ている。

収録曲( )内はオリジナル

1 蛍の光
2 コーヒー・ルンバ (西田佐知子)
3 花の首飾り (ザ・タイガース)
4 旅人よ (加山雄三)
5 銀座カンカン娘 (高峰秀子)
6 サルビアの花 (早川義夫)
7 東京ドドンパ娘 (渡辺マリ)
8 ウナ・セラ・ディ東京 (ザ・ピーナツ)
9 嵐を呼ぶ男 (石原裕次郎)
10 誰よりも君を愛す (松尾 和子/和田弘とマヒナスターズ)
11 ドミノ (ペギー葉山)
12 星のフラメンコ (西郷輝彦)
13 月の砂漠
14 手引きのようなもの


カバーアルバムとしては非常にいいアルバムであると同時に完成度も平均点以上。
個人的には、おすすめのアルバムのひとつである。

下の写真は、MAXI-SINGLEとして発売されたもの

a0050578_15314427.jpg

[PR]
# by musicwinds | 2005-11-14 10:14 | UNITED COVER
Cover's World
あの日に帰りたい

a0050578_1216948.jpg

松任谷由実のデビュー30周年を記念して制作されたトリビュートアルバム。
2002年12月11日に発売された
「Queen's Fellows: yuming 30th anniversary cover album」
参加ミュージシャンの顔ぶれがいい。鬼束ちひろ、スピッツ、aiko、井上陽水などなど...。

どの曲をとってもそれぞれのミュージシャンの個性というか色が出ていて、非常にいい仕上がりである。
1曲目の「守ってあげたい」は、ピアノとストリングスをバックした非常にシンプルな構成。それだけに鬼束ちひろの歌がキラリと光る。
「セシルの週末」は、aikoそのもののキュートな感じがでている。

個人的には、7曲目の小野リサが歌う「あの日に帰りたい」これがいい。
ボサノバ風のフレーバーが漂う非常に心地いいサウンドと歌である。
「あの日に帰りたいがアレンジでこんな風にも印象や歌からのメッセージが変わるものかと思った。

収録曲とミュージシャン

1.守ってあげたい / 鬼束ちひろ
2.14番目の月 / スピッツ
3.セシルの週末 / aiko
4.甘い予感 / 井上陽水
5.CHINESE SOUP / 原田知世
6.曇り空 / キリンジ
7.あの日にかえりたい / 小野リサ
8.春よ、来い / 槙原敬之
9.Valentine's RADIO / フェイ・ウォン
10.COBALT HOUR / クレイジーケンバンド
11.TYPHOON / ポート・オブ・ノーツ
12.時のないホテル / 田島貴男 (オリジナル・ラヴ)
13.翳りゆく部屋 / 椎名林檎
14.私のフランソワーズ / 大貫妙子


スピッツや井上陽水、田島貴男、大貫妙子など、さすがという感じでそれぞれ、曲を歌っている。トリビュート盤としては、なかなかの出来映えと聴き応えがある、おすすめの1枚である。
[PR]
# by musicwinds | 2005-11-12 12:34 | Queen's Fellows
Cover's World
川の流れのように

a0050578_184564.jpg


2003年8月20日にマキシシングルとして発売された椿の「川の流れのように」。歌謡界の大御所であった故美空ひばりの晩期の代表曲でもある。
この曲を初めて聴いたときはかなりの衝撃を受けた。もちろん、美空ひばりの印象が非常に強い曲ではあるが、彼女の声と歌い方で、かなり雰囲気的にはSoul-fulなものになっていた。

歌謡曲でありながら歌謡曲を意識させない雰囲気に当分の間、聴き惚れていた。
発売されて2年以上経つが、今でも、この曲はiPodの中にちゃんと入っている。

歌の上手さでは、原曲には及ばないが、彼女なりの解釈とその解釈から生まれた歌い方が、この曲の新しい方向を見出したと思う。

彼女なら他の曲にチャレンジしても自分なりの色が見出せるはず。
できることなら、いろんなカバーにチャレンジしてもらいたい。

マキシシングル 収録曲

1.川の流れのように
2.FRIENDS(feat.KOHEI JAPAN)


ちなみに2005年9月7日に発売された「Sea of love」は、川の流れのようにとは全く違う一面を見せている。
[PR]
# by musicwinds | 2005-11-10 18:23 | 川の流れのように
Coner's World
プカプカ

a0050578_0334672.jpg

2002年6月26日に発売された「福山エンヂニヤリング」サウンドトラック The Golden Oldies。
関西テレビ・フジテレビ系列の番組「福山エンヂニヤリング」内で演奏されたカバー曲を集めたカバーアルバムだ 。
番組の視聴者からのリクエストが多数寄せられて発売に至ったアルバムでもある。

彼の好きな曲、影響を受けた曲などを番組内で演奏し、それをフルコーラスにしたもの。
アルバム制作という完全なスタジオでの録音というよりは、アコーステックな手作り感が漂う。

曲のイントロを聴いてみて、あれっ、どこかで聴いたような........。みたいな感じもするが、それはそれで置いておいて、かなり幅広い選曲である。

それぞれに味はあるし、彼のフレーバーも感じられるが個人的には、”プカプカ、ケンとメリー~愛と風のように~、秋桜”あたりかな。

プカプカは、イントロの部分と本編の部分の落差がなんとも.....。
1曲目の青春の影は、イントロが始まると、「青い影」を思い出してしまう。
4曲目の秋桜のイントロもどこかで聴いたような.........。


イントロ前にカウントの声が入ったりして、小さなライブハウスでやっている雰囲気もしなくはない。

と、まあ、こんな感じだが福山雅治ファンにとっては、とてもいいアルバムだと思う。
もちろん、ファンでなくても比較的、聴きやすい。

収録曲

1 青春の影
2 ファイト!
3 飾りじゃないのよ涙は
4 秋桜
5 ルビーの指環
6 雨のバス
7 ラスト・ダンスは私に
8 お嫁においで
9 プカプカ
10 ケンとメリー~愛と風のように~
11 勝手にしやがれ
12 ロックンロールの真最中
13 浅草キッド
14 おでこにキッス
15 タイムマシンにおねがい
16 そして僕は途方に暮れる


この番組企画、また再開してくれればもっと、彼のいろんな歌が聴けると思うので........。
[PR]
# by musicwinds | 2005-11-10 01:02 | The Golden Oldies
Cover's World
小さな喫茶店

a0050578_21112845.jpg

まさに昭和ノスタルジーを地でいくようなカバーアルバム。
2002年の7月10日に発売された遊佐未森の「檸檬」。タイトルはカタカナではなく漢字だ。

ほとんどの人が知らないタイトルばかり。
それもそのはず、戦前から昭和20年代あたりくらいの曲ばかり。
もちろん、生まれる前の曲だから知るよしもない。
菅原都々子の「月がとっても青いから」、李香蘭の「夜来香」をはじめ
えっ、何??と言う曲のオンパレード。

しかしながら、聴いてみると当時のフレーバーがすると同時に今の時代のフレーバーも少しだが、感じる。原曲を知らないと、どれがいいとかと、いうことも言えないのでとりあえず、原曲を聴いてから、このアルバムを聴いてみた。

全く昭和ノスタルジーを意識しているような気がする。彼女の声質と相まって、一種、独特の雰囲気。

かなりの年配の方が聴いても、余り違和感を覚えないだろう。
それくらい、ノスタルジックである。

ジャケット写真の着物の柄も昭和ノスタルジーを意識したものだろう。
なんかミルホール風。

個人的には6曲目の小さな喫茶店。当時のカップルの様子が目に浮かぶような詩とメロディである。
この曲は、もともとコンチネンタルタンゴの名曲で、日本の曲ではない。
原題は「In einer kleinen Konditorei」 Raimund Friedrich Veselyという人の作曲。それを日本語に訳詩して歌われた。

後は、灰田晴彦 作曲の9曲目の森の小径。この2曲がiPodへとインポートされた。

他にも1曲目の青空は、不確かだが、記憶では何かの映像でエノケンが歌っていたような気がする。


収録曲

1 青空
2 月がとっても青いから
3 南の花嫁さん
4 アラビアの唄
5 ゴンドラの唄
6 小さな喫茶店
7 夜来香
8 蘇州夜曲
9 森の小径



昭和歌謡史のほんの一端を知るには、いいかもしれない。

たまに聴くとなんとなく、清清しくなるのは何故だろう。

しかし、ユニークなアルバムである。
[PR]
# by musicwinds | 2005-11-08 21:35 | 檸檬